アサシンクリードの新作【アサシンクリード オデッセイ(2018年10月発売)】について思うこと

ついにアサシンクリードの新作『アサシンクリード オデッセイ』が出ますね。

アサシンクリードを幾度となくプレイしてきた僕にとっては、発売が待ち遠しいゲームの1つになります。

今回、アサシンクリード オデッセイ発売にあたり、正直僕が思ったことについて書かせていただこうと思います。

アサシンクリードシリーズとは

アサシン クリードシリーズ(Assassin’s Creed Series)は、ユービーアイソフトが販売しているステルスゲーム『アサシン クリード』とその続編などを含むシリーズ作品の総称である。

引用元:Wikipedia

発売日はいつ?

2018年の10月5日に発売予定です。

トレーラー一覧

『アサシン クリード オデッセイ』ゲームプレイトレーラー

『アサシン クリード オデッセイ』WORLD REVEALトレーラー

『アサシン クリード オデッセイ』E3 2018 先行実機プレイ / Assassin’s Creed Odyssey E3 2018 DEMO

#6【E3/2018】弟者,兄者,おついちの「Assassin’s Creed Odyssey」【2BRO.】

システムについて

システムは、主人公を男性か女性か選べるようになっています。

イベントトークで選択肢があり、選ぶ内容によって物語が変化するようになっています。

それ以外の戦闘や移動などに関しては、前作のアサシンクリード オリジンズから引き継いでいるような感じです。

正直に思った感想

結論から言うと、正直がっかりしたというのが本音です。

前もって言っておきますが、僕はアサシンクリードシリーズ本編はすべてプレイしています。

なので、新作のオデッセイに関してもおそらく購入してプレイすると思います。

これまでのアサシンクリードは、ある程度時代が逆行しながらも着実に現代に向かって時代が進んでいました。

僕がアサシンクリードシリーズの中で一番ワクワクしたのがシンジケートの発売でした。

アサシンクリードシリーズ本編の中ではもっとも現代に近い時代設定で、1868年のロンドンを舞台にしています。さらに簡易的にですが第一次世界対戦時に活躍したアサシンの物語をプレイすることができます。

その後、オリジンズが出たときは正直「ん?」と思いましたが、アサシンの組織が生まれた理由を知ることができる、まさに始まりのアサシンということである程度納得することができました。

おそらく、僕と同じく考えた方も少なくないはずです。

「時代はだいぶ前に遡るが、アサシンの起源を知ることが出来るなら納得できる」と。

そして次回作への期待を込めて購入した方も多いはず。

アサシンの始まりに触れる物語の次は、いよいよ現代か、もっとも近い時代の新作がくるはず!と期待していました。

しかし、オデッセイが発表されたときはがっかりでした。

というよりドッと疲れました。

最近のアサシンクリードは物語を引っ張っているように思います。

元々は先駆者たちの存在の謎について解明していくアサシンクリードでしたが、アサシンクリード最大の謎でもあった先駆者たちについてはアサシンクリード3でほぼ解明されました。

さらにアサシンクリード初期から3まで現代版主人公のデズモンドももういない。

正直アサシンクリードブラックフラッグから方向性が怪しかった。

いきなり海賊になり、現代版のキャラは顔も見えないFPS視点。

忍ぶことより海戦が主体でまさに海賊!アサシンじゃない!笑

まぁ、主人公は本物のアサシンに成り代わった海賊という設定なので仕方ないですが。

とはいえ、次の新作どうなってしまうんだろう・・・

と思っていましたが、ユニティのPVを見た時、初期のアサシンクリードに原点回帰したような内容だったため、一安心しました。

ユニティからはPS4用ソフトになり、オンラインでのプレイ、グラフィックの圧倒的な向上により人気を呼びました。

ユニティからしゃがめるようになったのは地味に嬉しかった。ステルスゲームでは、やはりしゃがめるということは重要なこと(自分的に)

そして、その熱も冷めないうちにシンジケートという新作登場により、アサシンクリードへのワクワクは最高潮だったと思います。

しかし、オリジンズで一旦テンションが下がった方も多くいたはず。

確かにアサシンの起源を知るために必要な物語であるため納得ができますが、戦闘システムがアサシンというより”戦士”になっていて、これまでのアサシンクリードシリーズとは違うと感じました。

とはいえやはりアサシンクリード。プレイしてみるとやっぱり面白い。

オデッセイは、見るかぎりオリジンズと操作性はほとんど同じような感じです。

それよりも、もはや忍ぶ気が全くないのが驚きです。

映画『300(スリーハンドレッド)』のような豪快なケリ。合戦場でわちゃわちゃと戦う。船で豪快に海戦。

最近のUBIの海や船好きは何なんでしょうね。笑

とにかく、ここまで忍ぶ気がなく海戦や合戦するなら、もはやアサシンクリードのタイトルで出すことなかったのでは?と思ってしまいました。

おそらく、オデッセイの次にまた古い時代設定の新作が出たら、ユーザーは疲れてしまうと思います。

もう歴史系はいいよ、と思っている方は結構多いです。

オデッセイの次の新作に期待したいことは、デズモンドの復活か、現代設定でのアサシンクリードか、先駆者(イス紀)時代のアサシンクリード、です。

そのくらいの設定じゃないとみんな「おぉ!」とならないと思います。「またか・・・」とならないことを期待したいです!

まぁ、結局プレイして「オデッセイめっちゃ面白い!」って言ってると思うんですけどね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です