MacでVirtualBoxのインストールから起動までの手順ガイド

MACを使っている方ならわかると思いますが、大体のフリーソフトやツールなど使う場合そのほとんど対応しているのが、WindowsOS対応が多いことに悩まされると思います。

この記事を書いている僕も最初はWindowsを使っていましたのでそれからMacに移行した時、今まで使っていたフリーソフトが使えない不便さに陥りました(ToT) そんな時ネットで調べていてあるソフトを見つけましたそれは仮想ソフトです!!

仮想ソフトとは?

仮想マシン(仮想PC)とは Windows 上で別のOSを動かすことができるソフトウェアです。

通常のアプリケーションのようにウインドウ内で別のOSが動くというエミュレータのような形をとって いますが、パーティションの割り振り、IPアドレスの付与など通常のOSとなんら変わりない形で利用することができます。

仮想PCのメリットとしては、画面がフリーズしたり、OSに不具合が発生した場合などの何かしらのトラブルがあった場合に仮想PCを終了させればよいだ け、ということがあげられます。

通常のOSのインストールだと直に電源を切って強制終了させなければならないところを、仮想PCを終了させるだけと、簡単 に終了させることも可能です。

もしOSのインストールに失敗したり、OSに不具合があっても、もとのOSである Windows は安定しており、簡単に再インストールを実現させることができます。

さらに仮想PCを動かしている間に、他のウインドウを開いて別の作業をすることもでき るのも仮想PCならではのメリットです。

デュアルブートだと、パーティションの切り直しが必要になるなど多少なりとも専門的な知識が必要になり、OS自体を再インストールしなければならない場合 もあります。

しかし、仮想PCなら専門的知識も必要なく、現在のOS、保存しているデータをそのまま残したまま、別のOSを稼動させることができます。

仮想PCでは、Windows、Linux などインストールしたいOSをインストール可能。作成中のソフトウェアの実験台にしたり、Linux を使った環境構築、オープンソースを用いたシステム設計など勉強用の環境としても最適です。

フロッピーディスクやCDドライブ、DVDドライブなどのドライブをイメージファイルとして利用できるため、CDドライブがない、フロッピードライブがな いようなメディアドライブを1つも実装していないPCにおいても Linux、Chrome OS など無償配布されているOSのインストール、利用ができます。

引用元:無料仮想マシン、バーチャルPC一覧 – フリーソフト100

簡単に要約すると一つのPCで2つのOS【Mac or Windows】が使えてしまえるなんとも便利な方法ですね。 MACの中でも仮想マシーンは二種類あります一つがブートキャンプ、ふたつ目がVirtualBOXです。 今回は僕も使っているVirtualBOXの方をインストールしていきます。

VirtualBOXのインストール方法

まず公式ページからVirtualBOXのMac版を取ってきましょう。

VirtualBox01
上の画面をクリックすると拡大できますので確認してみてください。

VirtualBoxインストール手順

ダウンロードした場所から【VirtualBox–OSX.dmg】と書いてあるdmgファイルをクリック。 そうすると下のような画面が出てきますので、赤枠をダブルクリックしてください。

VirtualBox02

そうするとこのような下画面が出ますので続けるをクリック

VirtualBox03

そうするとこのような下画面が出ますのでインストールをクリック

VirtualBox04

下の画像がでればインストール完了となりますので閉じるをクリックしてください。

VirtualBox05

Windows7のインストール準備

まずは先ほどインストールしたVirtualboxを起動します。起動すると、まだ他のOSが入っていないため”空”の状態です。メニューから「新規(N)」をクリックしましょう。

virtualbox copy

入れるOSの名前や情報を入力する画面が出ますので、入れるOSの情報と管理名を記入します。

virtualbox copy

続ける」をクリックするとメモリーサイズを設定する画面にいきます。

virtualbox

今回は”2500MB(2.5GB)”にしておきます。「続ける」で今度は”ハードディスク”の設定になります。「仮想ハードディスクを作成する(C)」を選択し、「作成」をクリック。

virtualbox

次に”ハードディスクファイルのタイプ“を選択します。

virtualbox

VDI(VirtualBox Disk Image)」を選択し「続ける」。 次はハードディスクのサイズを固定にするか、増える容量に合わせて可変するタイプにするか決めます。

virtualbox

僕は念のため「可変サイズ(D)」を選択します。 ファイルの場所とハードディスクのサイズの設定にいきます。これは基本的にそのままの設定で大丈夫です。

virtualbox

作成」を押すことでWindows7のOSの設定が完了です。

virtualbox

Windows7のインストール

準備が出来ましたらいよいよWindows7をインストールします。Windows7は各種個人で用意してください。 virtualboxの画面から、先ほど設定したWindowsを選択し「起動」をクリックします。

virtualbox

ドライブにWindows7のディスクをセットしておきましょう。

virtualbox

起動したら、Windows7を入れたドライブから立ち上げるので「Host Drive」でご自身のドライブ名を確認したら「start」 しばらく待つと、Windows7のインストールが始まります。スタートアップが始まりますので、問題がなければ「次へ

virtualbox

インストールメニューが出ますので、「今すぐインストール(I)」をクリック。

virtualbox

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス 条項」の「同意します」にチェックで「次へ(N)

virtualbox

次にインストールの種類を選択します。

virtualbox copy

新規インストール(カスタム)(C)」を選択します。 Windows7のインストール場所の設定になりますので、こちらは特にいじることなく「次へ

Windows7__Running_ copy

これでWindows7のインストールが始まります。

Windows7__Running_ copy

Windows7の設定

Windows7__Running_ copy

インストールが完了したらユーザー設定になりますので、「ユーザー名」「コンピューター名」を記入しましょう。 「次へ(N)」進むと、ログインする際のパスワード設定の画面になりますので任意のパスワードに設定しましょう。

Windows7__Running_ copy

プロダクトキーを入力しましょう。 次に「Windowsのセットアップ」になりますので、選択し次に進みましょう。

Windows7__Running_ copy

あとは ・タイムゾーンの設定 ・ネットワークの設定 を済ませてWindowsの各設定は終了です。

Guest Additionの設定

Windowsをインストールしたらもう一つ大事な設定をしなくてはいけません。それが「Guest Addition」です。

これを設定しておかないとカーソルに遅延が発生したり、全画面表示が出来ないなど、Windowsの機能をフルに使うことができません。

しっかりと設定しておきましょう。

まずはvirtualboxのメニューバーから「Device」を選択。Deviceの項目から「Insert Guest Additions CD image…」をクリックします。

Menubar copy Windows7__Running_ copy

あとはプログラムのインストールを実行します。

Windows7__Running_ copy

setup

Windows7__Running_ copy

そのまま流れに沿ってNext→Next→Installと行って問題ありません。

Windows7__Running_ copy

インストールの確認が何回か出ますので、「インストール(I)」で先に進みましょう。 インストールが完了したら「Reboot now」にチェックを入れ「finish」で再起動します。

Windows7__Running_ copy

再起動が済んだら最後にOS間でのコピペが可能になるように設定します。virtualboxのメニューバー「Device」から「shared clipboard」の「bidirectional」をクリックしましょう。

Menubar copy

これで両OS間でコピペが出来るようになります。

あとがき

マイクロソフトは今Windows10を無償でダウンロード可能にしていますので、virtualboxでWindows7をインストールした後にマイクロソフトのページからインストールしてみてもいいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です